物流『見える化』ソリューション

~レベル感の相違がのちにとんでもない結果をもたらす前に~
定性的・定量的な要件を抽出するためにはルールとメソッドが必要です

1.マーケティング戦略のフレームワークをつくる

・顧客、競合、自社という3者の視点から物事を捉えていきます
・ヒト・モノ・カネという資源を効果的に活用していくマネジメントを構築します
・同業他社や新規参入者あるいは代替サービスからの脅威を食い止めるメソッドです


2.業務プロセスの改善・改革アプローチとは

・業務課題を把握:業務を階層別に分解分別し、メスを入れる患部を探します
・問題点の要因分析:ジョブメニューのイン&アウトを明らかにし、ボトルネックをつき止めます
・問題点解決の具体的行動:リスク要素を洗い出し制約条件を抽出、詳細な計画を作成します


3.仮説検証、シミュレーションにつなげていくには

・人時生産性の検証。どのような要因がどういうプロセスで行われると良いかを設定します
・リードタイムの検証。とくに外部要因とリスクの想定しておき、現実に修正できるものにしておきます
・費用対効果/損益分岐点の検証。企業インフラを投入する前に、成果を予測しておくことです

ページ上部へ戻る