『売れる』プレゼン講座

~競争は現実にはない。言葉が作り出すのだ。
ボブ・コンクリン博士の「説得力」のメソッドを活用した、効果的なライティングが学べます~

1.ストレートで説得力のあるコミュニケーションを作り出すこと

・顧客にとって利益となるもの、優位となるものが何なのか、それを明確に伝えることです
・聞き手に「何故これを行わねばならないか」を示し、「何の事業か」「どんなふうに実現するのか」を説きます
・WHYの根拠が乏しく、WHATの必然性に連動させられないとしたら、どれほどのノウハウであってもダメです


2.つい契約してしまいそうになる要素とは

・人の関心を引き付けること。つまり聞き手の興味・関心・欲望に焦点を合わせることができるかどうか
・聞き手の将来像が明確に打ち出され、事例にて証明され、信憑性あるものが示されていることです
・聞き手がすぐ行動を起こすだけの、WHYとシナリオが、幾多のリスクを凌駕していくのです


3.プレゼンを視覚化するとは

・ひと言で表現する単純明快さと、複雑なことは比喩を使うなど、聞き手の理解度に合わせていくのです
・対立するふたつの事物の関係性と物事の順序を明確にするための、画像・動画、そして実物を見せることです
・ビフォーアフターや既存客の声を通して、最初に何のハードルからから越えればいいかを伝えます

ページ上部へ戻る