NEW PRODUCTS

  1. 物流セールスにおける差別化

    みんなの意見を聞いて組織の方向を決めるということは正しくありません。組織とは実は、まず誰かが何かを決めるのです。そして参加者がそれに従うというふうになっていきます。もちろん参加者の意見を聞いて参考にはしますが、それで方針を変えたりしてはなりません。

  2. 荷主に選ばれる集客の真実とは

    自らの事業を商品やサービスで売り込まずに、その商品が果たす機能、あるいはお客さまがその商品を購入することで解決しようとしている目的や問題に沿って定義することです。売り手はお客さまがその製品を使って何をしたいのかを、分かっているかが重要なことなのです。

  3. 収支改善・利益倍増の仕組み

    欲しい人がいてはじめて、技術も意味を持ちます。作ろうとしているその商品を欲しいと思っているのは誰なのか、それを正しく知っているところが勝つのです。低コストであってかつ納期が守られていればよいというのは当たり前。そうした作り手側の論理を押し付けては失敗あるのみです。

ページ上部へ戻る